神田日勝記念美術館からのお知らせ
神田日勝の画業
神田日勝の生涯
研究者向け資料
神田日勝記念美術館ストア
コラム

神田日勝の生涯

「農民である。画家である」と、明確に語った神田日勝。
『結局、どういう作品が生まれるかは、どういう生き方をするかにかかっている。』
25周年記念全道展帯広巡回展目録より
    彼の生涯を貫いた画家としての姿勢である。

1945年の終戦から1960年代まで戦後の開拓農民として生き、同時に、物の本質にせまる克明な描写によって、 戦後日本の画壇で異彩を放ったこの画家は、最後の完成作《室内風景》と前半身だけ克明に描き出された《馬(絶筆・未完)》 を残し、32歳8ヶ月の短い生涯を閉じた。 画家が生きた時代は、戦後日本の高度成長と資本主義の矛盾や弊害が、さまざまな形で広がっていった激動の時代と重なっている。

開拓農民として

神田日勝は1937(昭和12)年、東京・練馬に、父神田要一、母ハナの次男として生まれた。
日本の敗戦が色濃くなった1945(昭和20)年8月、一家は拓北農兵隊(戦災者集団帰農計画)に応募し、北海道へ向かう。 鹿追に着いたのは、終戦の前日8月14日であった。 "東京・疎開者"は全く農業の経験もない中、素手同然での開拓を強いられ、その殆どが5年を待たず脱落した。 そのようななか、神田一家は鹿追に定着した。
1953(昭和28)年、日勝は中学を卒業すると営農を継ぎ、地域の青年団の仲間と演劇や相撲、釣りなどに積極的に取り組む、 快活な青年として成長した。その頃兄一明は東京芸大に進学。 元々絵に興味のあった日勝は兄の影響を受け、本格的に油絵制作に取り組むようになる。

画家として

1956(昭和31)年、初めて帯広の公募展(平原社美術協会展)に《痩馬》を出品し、入賞する。 その後、札幌の全道美術協会展、東京の独立美術協会展と発表の場を広げてゆく。
初期の作品《家》《ゴミ箱》《飯場の風景》などは、ベニヤにペインティング・ナイフで描くという独自の画法と、 こげ茶色モノクロームの色調から、十勝の大地に深く根ざした画家の生きざまが強く感じられる。《馬》《牛》は、まるで本当にそこに存在しているかのように画面全体に大きくその存在感を際だたせている。
日勝は農民画家と呼ばれることを嫌い、画室、家族、男女、社会風俗と世相を色濃く反映した画題にも取り組んだ。 1960年代当時、日本の美術界に吹き荒れたアンフォルメル旋風の影響を受けて、 多くの画家たちが抽象絵画へと傾斜してゆく中、日勝も激しい筆触で抽象表現主義風の作品も制作する。 《画室》の連作、《人間A》《人と牛》の連作《ヘイと人》に代表される。

《室内風景》は、1970(昭和45)年、最後の完成作で、中央にうずくまり刮目する男と新聞紙で覆われた異様な室内が見る者に強烈な印象を与える。 この作品は、現代に生きることの意味を心の深奥まで響く力強さで描き、代表作となった。
遺作《馬(絶筆・未完)》は、むき出しのベニヤに克明に描かれた馬の半身が、 全身全霊でキャンバスに対峙した画家の儚くも力強い生き様を物語っているかのようである。

『あの白いキャンパスは己の心の内側をのぞきこむ場所であり、己の卑小さを気づき絶望にうちひしがれる場所でもあるのだ。 だから私にとってキャンパスは、絶望的に広く、不気味なまでに深い不思議な空間に思えてならない。
私はこの不思議な空間を通して、社会の実態を見つめ、人間の本質を考え、己の俗悪さを分析してゆきたい。』
生命の痕跡より

神田日勝著述文より一部抜粋

ページ先頭へ

神田日勝略歴(年表)

             
年代
年齢
生活・地域 画歴
1937
1歳
12月8日東京市板橋区練馬南4丁目16番地(現東京都練馬区練馬1丁目30-2)に父-神田要一、母ハナの次男として生まれる。幼少より絵に興味を示した。
1945
8歳
東京大空襲の戦火を逃れ、家族ぐるみで拓北農兵隊に加わり渡道。8月14日に鹿追到着。翌日終戦。
鹿追集会所に借り入居、11月鹿追村クテクウシ区画外35番地(現鹿追町笹川北11線7号)の開拓用地(5ヘクタール)に入植。
1950
13歳
4月鹿追中学校に入学。美術部を創設。
1952
15歳
兄一明の影響で油絵の制作を始める。
1953
16歳
営農を継ぐ。 3月鹿追中学校卒業。卒業時「特に美術に優れていた」という異例の賞を受ける。
1955
18歳
兄一明、東京芸術大学進学。
1956
19歳
9月帯広の第31回平原社美術協会展に《痩馬》を公募展初出品、朝日奨励賞受賞。
1957
20歳
10月第32回平原社展《馬》を出品、平原社賞受賞。
1958
21歳
この頃、青年団の一員として演劇発表会に出演する他、演劇舞台装置も手がける。 青年団の弁論大会で1位となるほか、釣り、陸上競技、相撲等多方面で活躍する。
1959
22歳
第34回平原社展において会員推挙。
1960
23歳
6月第15回全道美術協会展(全道展)に《家》が初入選。 同展では兄一明が市教育長賞、一明の妻比呂子(彫刻)が道知事賞を受賞。
1961
24歳
6月第16回全道展で《ゴミ箱》が道知事賞、兄一明が道教育長賞を受け、兄弟同時受賞が話題となる。
1962
25歳
2月25日高野ミサ子と結婚。 4月北海道新人作家選抜美術展に《ゴミ箱》を出品。
6月第17回全道展に《人》が入選。
1963
26歳
1月帯広美術協会展の創立に参加、《板・足・頭》を出品。
5月第18回全道展に《板・足・頭》を出品。会友推挙。
1964
27歳
2月、長男哲哉生まれる。
この年の大冷害が引き金となり、農村では過疎化が始まる。離農跡地の交換分合により総面積7町歩となる。
5月第19回全道展に《飯場の風景》を出品。第2回帯広美術協会展に《作品》を出品。
10月第32回独立展に《人》《板・足・頭》を出品。
1965
28歳
第4回独立選抜展に新作《飯場の風景》を出品。第33回独立展に《馬》と《死馬》の2点入選、新人室陳列となる。   NHK帯広放送局制作のテレビ番組で絵画の制作過程が紹介される。
1966
29歳
第5回独立選抜展に《牛》を出品。第21回全道展に《静物》を出品、会友賞を得て会員推挙。 帯広弘文堂画廊で油彩個展。第34回独立展に《画室A》入選。
1967
30歳
NHK札幌放送局制作のテレビ番組「鍬と絵筆」で神田日勝の生活を紹介。
自宅に5坪のアトリエ増築。
「画室」連作期に入り、色彩が鮮やかになる。 第6回独立選抜展に《画室C》、第22回全道展に《画室D》を出品。全道展帯広地区作家展を結成。第35回独立展で《画室E》入選。(独立展会友となる)
1968
31歳
3月、長女・絵里子生まれる。
乳牛4頭、馬1頭、耕地14ヘクタールとなる。
第7回独立選抜展に《室内風景》出品。《人と牛A》以降、抽象表現主義風の大作群を制作。 第23回全道展で《人と牛C》入選。10月第1回北海道秀作美術展に《人と牛D》出品。
1969
32歳
1月帯広市・うけかわギャラリーで「神田日勝個展」。 5月第8回独立選抜展に《作品B》出品。同展を見に上京。第37回独立展に《人間B》入選。
1970
32歳
8ヶ月
6月下旬、春先から体調が優れなく、8月からだの不調が続き、新得の医院へ入院。 病名不明のまま悪化し、清水赤十字病院に転院したが、腎盂炎による敗血症で死亡。
8月25日永眠。
8月27日全道展葬執行。戒名「晴耕院画道日勝居士」
6月全道展に最後の完成作《室内風景》を出品。7月全道展帯広巡回展会場設営。
10月第38回独立展に《室内風景》が遺作展示される。
ページ先頭へ
Home  > Life