神田日勝記念美術館からのお知らせ
神田日勝の画業
神田日勝の生涯
研究者向け資料
神田日勝記念美術館ストア
コラム

神田日勝記念美術館 イベント情報&最新ニュース

「神田日勝 大地への筆触」展覧会グッズ再販のお知らせ

昨年の「神田日勝 大地への筆触」で発売した展覧会限定グッズを、4月から当館で再販しております。
クリアファイル、マルチホルダー、手ぬぐい、マスキングテープ、額絵が、お求めやすい価格で登場です。

ご観覧の思い出にいかがですか?
お買い求めは当館カウンター物販コーナーまでどうぞ。

2021.04.21

水と魚、魅惑の世界展 知来要+村上康成(5/27〜7/4)

会期:2021.5.27 Thu.〜7.4 sun.
会場:神田日勝記念美術館
主催:神田日勝記念美術館展覧会事業実行委員会
共催:神田日勝記念美術館、神田日勝記念美術館友の会
協賛:然別湖グレートフィッシング協会事務局
後援:鹿追町、鹿追町教育委員会
協力:鹿追町図書館

釣り好きとして知られる日勝が綴ったエッセイ「然別湖と釣り人達」を結び目として、然別湖を愛する2人の作家、写真家の知来要(1956- )と絵本作家の村上康成(1955- )による二人展を開催します。
然別湖に生きる魚たちを撮影した水中写真や、彼らを主人公として物語が展開する絵本原画が皆さまを「魅惑の世界」へと誘います。

★関連イベント★

●村上康成公開ワークショップ
「巨大ミヤベイワナをえがこう」
日時:5/23(日)13:00〜16:00
会場:鹿追町民ホール ホワイトホール
どなたでも見学可(予約不要)

●村上康成 アーティストトーク&サイン会
日時:6/6(日)17:00〜18:30
会場:本展会場(ロビー集合)
申込方法:TEL&FAX(5/20〜6/4)
定員:40名
参加無料

●絵本をよもう『ピンクがとんだ日』
日時:6/12(土)10:30〜11:00
会場:当館2F(ロビー集合)
対象:子どもから大人まで
読み手:鹿追町図書館ボランティア
参加無料

※本展には館蔵品の神田日勝作品は展示されませんのでご注意ください。
※今後の新型コロナウイルス感染状況によって、事業内容を変更する場合がございます。
 必ずご来館前に最新情報をご確認ください。

2021.04.15

4月&5月の休館情報

4月と5月の休館日をお知らせいたします。
月曜以外の平日にも休館日がございますので、どうぞご注意ください。

〇4月の休館日
 4/19(月)、4/26(月)、4/30(金)

〇5月の休館日
 5/6(木)、5/10(月)、5/17(月)
 5/24(月)、5/25(火)、5/26(水)
 5/31(月)

休館日カレンダーはこちら
http://kandanissho.com/calendar/

2021.04.15

休館日カレンダー更新(2021/4/1〜2022/3/31)

2021年4月からの休館日カレンダーを更新しました。

◎休館日カレンダー
http://kandanissho.com/calendar/

2021.03.16

2021年度(R3)展覧会スケジュール公開

2021年4月〜2022年3月の展覧会スケジュールをアップしました。

◎スケジュール
http://kandanissho.com/schedule/

パンフレットの設置もはじめております。
ぜひお手元でご覧ください。

※当館Facebook&Twitterに本パンフレットの画像データを掲載いたします。

2021.03.16

神田日勝紹介映像リニューアル

ロビーで流れている神田日勝紹介映像が2月2日(火)からリニューアルしました!
鮮明な映像で神田日勝の歩んだ軌跡をご覧いただけます。
来館された際にはぜひごゆっくりお楽しみください。

2021.02.02

年末年始の過ごし方提案

当館から一つご提案です。
この年末年始はご自宅で【神田日勝】を堪能しませんか?
このHP内右上の「Store」から書籍が購入できます!

今年の没後50年を記念した「神田日勝 大地への筆触」展図録や妻・神田ミサ子さんが日勝との貴重な体験や想い出を綴った「私の神田日勝」など計4冊を取り扱っています。

ぜひお手元にどうぞ。

2020.12.18

年末年始の休館について(12/30〜1/5)

年末年始の休館期間は以下の通りです。

12/30(水)〜1/5(火)

新年は1/6(水)から開館いたします。
どうぞよいお年をお迎えください。

2020.12.06

第18回日勝祭の開催中止について

毎年日勝の誕生日である12月8日に開催している日勝祭について、今年は日勝没後50年の大事な記念年でありつつも、軒並み事業が中止となっていたこともあり、せめて日勝祭はとの思いでしたが、再び全国的に拡大しつつある新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、今年度の開催については断念せざるを得ない判断となりました。
つきましては、楽しみにされていた方々に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますとともに、各々お身体にはご自愛くださいますようお願い致します。

2020.11.16

コレクション展(11/19〜翌5月中旬)

会期:2020年11月19日(木)〜2021年5月中旬予定
会場:神田日勝記念美術館

本展では、当館が収蔵する神田日勝の代表作を初期の頃から没年のものまで並べ、その画業をたどります。初期にモノクローム調で描かれた《家》や《ゴミ箱》から、中期のカラフルな色彩の《画室A》、そして後期のダイナミックな筆致で描かれた《晴れた日の風景》や《人間A》などをご紹介し、彼自身の試行錯誤の痕跡ともいうべき画風の変化を展覧します。展示室2階では、新収蔵品1点を含む小品風景画とデッサンをご紹介いたします。全35点程度の出品予定です。

画像:新収蔵品《風景》1965年頃

〇ご利用案内(休館日カレンダーをご確認ください)
http://kandanissho.com/guide/

2020.10.23

地域共通クーポン利用できます

当館でGo toトラベルの地域共通クーポンが利用できるようになりました。
北海道へ、十勝へご旅行の際にはぜひ当館へもお立ち寄りください。

2020.10.14

作品貸出について【ご注意ください】

※※ 重 要 ※※

下記展覧会の開催ため、館蔵品の日勝作品を「北海道立近代美術館」に貸出中です。
作品貸出につき、日勝の主要作品はご覧いただけませんので、ご注意ください。

■没後50年「神田日勝 大地への筆触」
会期:2020年9/19〜11/8 会場:北海道立近代美術館(札幌市中央区)
https://kandanissho2020.jp/

この間、当館では「躍動する十勝の作家展」(9/11〜11/15)を開催しております。

館蔵品の日勝作品は、次回の「2020年度コレクション展」(11/19〜翌4月中旬)から再びご覧いただけます。

2020.09.14

躍動する十勝の美術作家展 出品作家

9月11日(金)より開幕する「躍動する十勝の美術作家展」では、
地元十勝で活躍する美術作家57名が一堂に会します。

前期・後期それぞれの出品作家をご紹介します
(敬称略)


◆前期展示:9月11日(金)〜10月11日(日)
 浅川茂、浅野公宏、飯森篤志、池原良、和泉よう子、梅津美香、おおとひでお、奥秋広美、井出宏子、今西直人、今西ちはる、金澤博子、鎌田朝緒、齊藤隆博、佐々木裕二、佐藤美和子、高田健治、高橋芳子、千葉定是、寺沢秀明、浜中マサノリ、宮澤克忠、村上陽一、森本健司、山田洋子、由良真一、脇坂裕、和田仁智義
 神田日勝(特別展示)

◆後期展示:10月13日(火)〜11月15日(日)
 穴井亜紀子、飯田和幸、池田緑、上田薫、大崎和男、小笠原洋子、神田絵里子、近藤みどり、斉藤啓子、匂坂敏郎、佐々木武信、さとうえみこ、佐藤真康、白土薫、高橋幸男、瀧川秀敏、田之島篤子、中西千尋、中村富志男、中谷有逸、東原こずえ、細木るみ子、松久充生、村上俊彦、森弘志、山平博子、山元明、吉川孝、渡邉禎祥
 神田日勝(特別展示)

2020.09.03

ギャラリートーク中止のお知らせ(9/6)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、以下のプログラムを中止いたします。
楽しみにお待ちいただいていたお客様には大変申し訳ございませんが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

「神田日勝 大地への筆触」ギャラリートーク
9/6(日)14:00〜(約40分)※中止

2020.08.27

躍動する十勝の美術作家展(9/11〜11/15)

神田日勝没後50年 躍動する十勝の美術作家展

[会 期] 2020年9月11日(金)〜11月15日(日)
    ■前期:9/11(金)〜10/11(日)
    ■後期:10/13(火)〜11/15(日)
[会 場] 神田日勝記念美術館
[入館料] 無料
[休館日] 月曜日(9/21を除く)、9/13、9/23、11/4

独自のリアリズムを追求し十勝の美術活動の推進に奔走した神田日勝の志にちなみ、地元十勝で活躍する美術作家57名の作品が一堂に会する展覧会です。日勝が見つめていたころとは違う時代に生きる十勝の作家群が醸し出す美術の世界。日勝が手掛けた油彩・水彩・版画の領域に絞り前後期に分けて展示。日勝の作品は大作1点、小品8点展示します。

主催:神田日勝記念美術館
共催:神田日勝記念美術館展覧会事業実行委員会、神田日勝記念美術館友の会
主管:躍動する十勝の美術作家展実行委員会
後援:鹿追町、鹿追町教育委員会、北海道新聞帯広支社、十勝毎日新聞社、NHK帯広放送局

2020.08.24
Home  > Infomation