神田日勝記念美術館からのお知らせ
神田日勝の画業
神田日勝の生涯
研究者向け資料
神田日勝記念美術館ストア
コラム

神田日勝記念美術館 イベント情報&最新ニュース

第27回馬の絵作品展 審査結果

昨日、第27回馬の絵作品展の審査が行われました。
全国から集まった643点の応募作品の中から、栄えある入賞を果たしたのは次の方々です。おめでとうございます!
来月12日から鹿追町民ホールにて全応募作品を展示いたします。皆さまぜひ足をお運びください。たくさんのご応募ありがとうございました。

*入賞者一覧(敬称略)*
■文部科学大臣賞
中標津町立計根別学園 《中学課程》3年 中村 花寧
■北海道知事賞
千歳市立東千歳中学校2年 廣瀬 蒼依
■北海道教育委員会教育長賞
中標津町立計根別学園 《小学課程》4年 中村 敢太朗
■鹿追町長賞
別海町立上西春別中学校1年 吉本 萌夏
■鹿追町教育委員会教育長賞
別海町立野付中学校3年 松舘 和東
■神田日勝記念美術館長賞
十和田市立藤坂小学校2年 木村 有希
■北海道新聞社賞
守谷市立黒内小学校2年 八幡 奈緒
■十勝造形サークル委員長賞 
苫前町立古丹別中学校3年 秋山 美海
■帯広市教育研究会図工美術部会長賞
中標津町立丸山小学校3年 坂本 千慧
■JR北海道社長賞
今治市立菊間小学校5年 村井 皆心
■北海道電力ネットワーク(株)帯広支店長賞
標津町立標津小学校4年 盞 愛美
■帯広信用金庫理事長賞
別海町立野付小学校6年 松舘 杏奈
■特別賞【ほのぼの賞】
小樽市立稲穂小学校1年 伊藤 環
■北海道エンデュランス協会賞
鹿追町立笹川小学校3年 金子 諒太

*第27回 馬の絵作品展*
【会場】鹿追町民ホール(神田日勝記念美術館隣)
【会期】2021年10月12日(火)〜19日(火) 10:00〜17:00
【観覧料】無料

※画像は文部科学大臣賞受賞作品です。

2021.09.11

◆臨時休館の延長について(〜9/30)◆

神田日勝記念美術館は、北海道を対象とした緊急事態宣言の延長にともない、【9/30(木)】まで臨時休館を延長いたします。

開館は、【10/1(金)】からとなります。
今月中にご来館を予定されていたお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2021.09.10

コレクション展機嵜静墜勝が描いた牛、馬、人物 Part2」(9/15〜11/23)

コレクション展
「神田日勝が描いた牛、馬、人物 Part2」

■会期
2021年9月15日(水)〜11月23日(火・祝)

■開館時間
10:00〜17:00
※11/14(日)は13:00〜17:00
※最終入場は16:30まで

■休館日
毎週月曜(9/20は祝日のため開館)、
9/21(火)、9/24(金)、11/4(木)

■概要
本展は、2018年度(平成30年度)に開催した「神田日勝が描いた牛、馬、人物」の第2弾として、館蔵品の日勝作品を「牛」、「馬」、そして「人物」の3つの画題ごとにご紹介するものです。
32歳で病没した彼の画歴は、わずか15年にも満たない短さですが、同じ画題を選びながらも、初期にはリアリズム、後期にはアンフォルメルと、テーマや色彩、描法をめまぐるしく変化させています。
本展では、そうした画風の変化にも注目しながら、絶筆となった代表作《馬(絶筆・未完)》など約30点をご紹介します。

2021.08.29

休館中の馬の絵応募作品の受け取りについて

8月26日(木)〜9月14日(火)の休館期間中に、第27回馬の絵作品展の応募作品を持参される場合は、神田日勝記念美術館の事務所(裏手)にお越しください。場所が分からない方は当館へお電話ください(0156-66-1555)。
なお、受付は9月6日(月)が締め切りとなっておりますので、期限厳守にご協力願います。

2021.08.28

◆臨時休館のお知らせ(〜9/14)◆

北海道への緊急事態宣言の発令を受け、下記の期間、臨時休館いたします。

<臨時休館期間>
8/27(金)〜9/12(日)
※9/13(月)、9/14(火)は通常の休館日になります。

<開館日>
9/15(水)

臨時休館にともない、開催中の特別企画展「画家たちの座標―アトリエは語る―」は、8/26(木)をもって閉幕となります。あわせて、下記の関連イベントも開催を中止いたします。

<開催中止>
9/4(土) 14:00〜14:30
特別企画展ギャラリーツアー

2021.08.26

9月&10月の休館情報

月曜以外にも休館日がございますのでご注意ください。


〇9月
 9/6(月)、9/13(月)、9/14(火)、9/21(火)、
 9/24(金)、9/27(月)
 ※9/20(月・祝)は開館します。


〇10月
 10/4(月)、10/11(月)、10/18(月)、10/25(月)

休館日カレンダーはこちら
http://kandanissho.com/calendar/

2021.08.07

ミュージアムコンサート 開催延期のお知らせ

8/27(金)に開催を予定しておりました特別企画展関連事業「ミュージアムコンサート」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、開催延期いたします。

延期後の開催日時は追ってご案内いたしますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2021.08.06

第29回馬耕忌の中止について(8/22)

来月22日に予定しておりました、「第29回 馬耕忌」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、開催を見送ることといたしました。

蕪墾祭に続き2年連続の中止となり、楽しみにされていた皆様には大変残念なお知らせとなりますが、何とぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

2021.07.21

知来要さんからのメッセージ

「水と魚、魅惑の世界展」会期中、美術館ロビーに知来さん・村上さん宛ての質問ボックスを設置しました。そこに寄せられたご質問&ご感想に対して、お答えいただきます。

<知来要さん>

Q.なんでそんなに光の加減などうまく撮れるのですか?

A.同じものでも光の当たる角度、強さによって見え方が変わってきます。撮ろうとするものが美しく見える時間帯を選んで撮影するようにしています。どうしても光が欲しいときはストロボなどの人工の光をあてます。


Q.どうしたら写真を上手に撮れるんですか?

A.シャッターを切る前に、自分が今なにに心を惹かれて写真を撮ろうとしているのか自問してみると良いです。その心を惹かれたものがはっきりわかるように撮ると、見る人にも撮った人の気持ちが伝わりやすくなります。

Q.どうしてこんなにきれいに撮ったりできるんですか?

A.魚を釣ったり捕まえたりしたときに、水を入れたビニール袋に入れて良く観察します。大好きな魚なのできれいなところやかわいいところを探してあげて、それから撮るようにしています。


Q.写真(階段)はどうやって撮ったんですか?(※画像参照)


A. 1尾ずつ釣ったり、網で捕まえて水槽に入れて撮っています。水槽には白いアクリル板を入れてバックが白くなるようにしています。自然な表情をするまで長いと3時間ぐらい待つこともあります。


Q.知来さんに質問です。どうやって魚が飛んでいる写真を撮ったんですか?おしえてください!!

A.水面の上を飛ぶカゲロウを魚が跳ねて食べている場所を探します。同じところで何度も食べるのでそこを狙って撮ります。フライフィッシングという釣りはカゲロウに似せた毛鉤を水面に流して釣る釣りでこのような魚の習性を利用しています。


Q.写真のコントラストの出し方などどのようにしているのか気になりました。

A. 特にコントラストを強くしようと心がけてはいません。魚や物がきれいに見える光線状態の時に撮るようにしています。フラットな弱い光線の時はそれで美しいときもありますからその時々相手に合わせて撮影しています。

画像:「水と魚、魅惑の世界展 知来要+村上康成」会場(展示室階段)

2021.07.20

入館者60万人達成!

開館から28年目を迎えた今年、入館者累計60万人を達成しました!

記念すべき60万人目は、愛知県から北海道旅行でいらした和泉さんご夫婦。
昨年10月に放映されたNHK教育テレビの「日曜美術館」を見て訪れ、初めて観る神田日勝の絵の迫力に感激したとのこと。

おめでとうございます!また是非鹿追にお運びください。

2021.07.14

村上康成さんからのメッセージ

「水と魚、魅惑の世界展」会期中、美術館ロビーに知来さん・村上さん宛ての質問ボックスを設置しました。そこに寄せられたご質問&ご感想に対して、お答えいただきます。


<村上康成さん> 

Q.ヤマメが食べられてしまう衝撃のストーリーを絵本にしたきっかけは?

A.主人公だったりするとかわいそうですが、どんな生きものも周りの生きものと命が繋がりあって、生と死があり、繰り返されていくんですね。自然という大局の中に、みんな生きているということも描いておきたいと思ったからです。


Q.どうしてこんなにきれいに描いたりかわいく描いたりできるのですか?

A.何人か質問ありましたが、描きたいものを小さい時からいっぱい描いてきました。描きたいものって、好きな気持ちが溢れていて、それがたとえ上手く描けなくても大丈夫。好きな気持ちがいっぱい入っているから。
そうやって、自分が気にいるまで、いっぱい、いっぱい。


Q.原画の一部が切り取ってあったり、テープで別のところにとめてあったのはなぜですか?

A.実際に描いてみて、どうも気になるなあという時、切ったり貼ったりできる場合はそうします。絵本は、原画をもとに、印刷されて製本されて、完成です。なので、『ピンクとスノーじいさん』や『ピンク!パール!』の原画も、完成に向かってその手術(修正)をしたものなんです。


(音更町図書館での講演会参加者からのメッセージに対して)
音更図書館の講演会に来てくれたお母さん、その時の赤ちゃんが、もう中学校三年生なんですね。
好きな絵本とであえたかな。。。ありがとうございました。


(「武内さん」からのメッセージに対して)
阿寒湖でフローターを引っぱってくれた武内さん!覚えていますとも。その節はありがとうございました。行きはよいよい、でした(笑)また、遊んでください。娘さんお二人にもよろしくです。


***


追記

絵本も一枚の絵も一つの視点の提案として、絵本を開いたり、あるいは絵の前で佇んでくださる方々が、それぞれご自身の思いを湧き立させていただけたら、それが私の一番の創作の歓びです。


写真:村上康成さん(左)、知来要さん(右)

2021.07.14

7月&8月の休館情報

月曜以外にも休館日がございますのでご注意ください。
(下記「※」参照)

〇7月
 7/5(月)、7/6(火)※、7/12(月)、7/19(月)、7/26(月)


〇8月
 8/10(火)※、8/16(月)、8/23(月)、8/30(月)
 8/9(月・祝)は開館いたします。

休館日カレンダーはこちら
http://kandanissho.com/calendar/

2021.07.01

知来要+村上康成アーティストトーク&サイン会のお知らせ【受付終了】

当初6/6(日)に開催を予定していた「村上康成アーティストトーク&サイン会」は、下記の通り延期し、内容を変更いたします。


「知来要+村上康成アーティストトーク&サイン会」

本展出品作家である知来さん、村上さんのお二人に、会場でご自身の作品について語っていただきます!
トーク後には参加者限定のサイン会も行う予定です。
当初6日のトークにお申込みいただいた方を優先してご案内いたしますが、定員まで若干の余裕がございますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

【定員に達しました(6/16)】

1.開催日時:6/25(金) 17:00〜18:30
2.集合場所:17:00美術館ロビー
3.定員:20名(定員に達し次第終了)
4.申込方法:お電話(0156-66-1555)での申し込み(受付9時〜17時)
5.申込期間:6/9(水)〜6/17(木)
6.参加無料

〈注意事項〉
)椒廛蹈哀薀爐蓮17:00の展覧会閉場後に、事前にお申し込みいただいた参加者を対象に開催するものです。事前に会場をご観覧される場合は、当日16:30までに受付で観覧券をご購入のうえ、ご入場ください。また、グッズのご購入は17:00までにお済ませください(販売17:00終了)
△監館時は、手指の消毒・マスク着用・来館者カードへのご記入をお願いしております。
新型コロナウイルスの感染状況により、内容を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

2021.06.08

臨時休館延長のお知らせ(〜6/20)

緊急事態宣言の延長を受け、臨時休館期間を6月20日(日)まで延長いたします。
開館は、6月22日(火)となります。

<臨時休館期間>
6/1(火)〜6/20(日)
※6/21(月)は通常の休館日です。

2021.05.31

企画展「水と魚、魅惑の世界展」開幕日&関連イベント

臨時休館の延長にともない、現在開幕延期中の企画展「水と魚、魅惑の世界展 知来要+村上康成」は、6/22(火)開幕となります。
くわえて、下記関連イベントについても、開催を見送ることといたしました。

<会期>
6/22(火)〜7/4(日)

<関連イベント>

 6/6(日)村上康成アーティストトーク&サイン会
  →中止もしくは延期(調整中)
  ※続報は当館HP&SNSにてご案内します

 6/12(土)絵本をよもう『ピンクがとんだ日』
  →中止

2021.05.31
Home  > Infomation